石山工務店

  • HOME >
  • よくあるご質問

よくあるご質問

 

石山工務店へ寄せられた過去のご質問への回答をご紹介します。

 

Q 家づくりについて

  • 建物の工事期間は、どのくらいですか?
  • 工事着工から完成お引渡しまで、約4ヶ月間位かかります。また、二世帯住宅など大きさや仕様により、工事期間は前後致します。

  • 工事中の現場を見ることはできますか?
  • 石山工務店の工事中の現場は、全棟ご案内できます。
    また、完成した住宅がご覧いただける「オープンハウス見学会」を、定期的に開催しておりますので、お気軽にご来場・ご見学ください。
    石山工務店のお家づくりをご理解していただくためにも、工事中の現場をご覧いただくようお勧めしています。
    ただ、危険な作業をしている場合もありますので、現場をご覧頂く際には、必ず事前にご連絡下さい。連絡先はこちら

  • 注文住宅ってなんですか?
  • 建物の間取りや仕様・設備などが決まっていない、完全にオーダーメイドの住宅です。一般的に建設費が高くなると思われがちですが、こだわる部分を優先的に盛り込んでいきますので、ご予算に合わせたより自分らしい家づくりが出来ます

  • 建売住宅はつくっていますか?
  • 基本的には注文住宅主体ですので建売住宅はつくっていませんが、モデルハウス公開後に販売することはあります。モデルハウスは販売価格以上の仕様になっていますのでお買い得ですよ。

  • 設計をお願いしたいのですが費用は掛かりますか?
  • 設計費用は掛かりません。また、土地探しや住宅ローンの相談、見積り作成にいたるまで全て無料でお手伝いしています。お気軽にご相談ください。

  • 建設費っていくら位ですか?
  • 石山工務店では色々な商品(スーパーシェル2×6、ハグハウス、COZY、インターデコハウスなど)がありまして、それぞれで価格が違います。詳しくは各担当営業にご質問ください。

  • 建築中の打合せが大変だと聞いたのですがどうですか?
  • 多くの工務店では現場監督がメインで打合せが進みますので、トータルコーディネートが難しいようです。石山工務店ではインテリアコーディネーターの専任女性スタッフが担当者として打合せを進めますので、キメの細かい提案など大変満足いただいてます。

Q お金のことについて

  • 家を建てるにはどんな資金が必要ですか?
  • 家を建てるには以下の費用が掛かります。
    1.建設費(すぐに住める状態。カーテンや照明器具まで含まれます)
    2.外構工事(カーポートやアスファルトなど)
    3.消費税(上記1と2に掛かります)
    4.土地代金(土地を同時に購入される場合)
    5.諸経費(住宅ローン手数料、登記費用、火災保険料、印紙代など)
    6.税金(不動産取得税・固定資産税など)
    詳しくは営業スタッフにご質問ください。

  • 固定資産税って何ですか?
  • 毎年1月1日時点で、土地や建物を所有している人に対して、毎年、課税される地方税です。
    課税は固定資産税課税台帳に登録されている所有者に対して自動的に行われます。
    3年に1度評価替えされる、固定資産税評価額をもとに税額が決まります。

     

    固定資産税評価額 × 1.4%(標準税率) = 固定資産税額
    ※税率は、2.1%を上限に市区町村によって定められていますので、詳しくは市町村にご確認ください。

    土地、建物のそれぞれに、一定の基準を満たすことで固定資産税が一定期間軽減される特例措置があります。
    詳しくは、営業担当までご相談下さい。

  • 住宅ローンの「固定期間選択型」ってどういうローンですか?
  • 固定金利選択型ローンは2年、3年、5年、10年など、当初一定期間の金利を固定にするのが最大の特徴になっています。
    また、一般的に固定金利の期間が長いほど、適用金利は高く設定されます。
    この期間が終了した後は原則として変動金利に移行し、その際に利用者が再度固定金利を選択することも可能な仕組みになっています。

  • 他の皆さんはどのくらいの予算で建てられてますか?
  • よく「住宅ローンは年収の○倍まで借りられますよ」といったような説明をする営業マンが居るようですが、同じ収入でもお金の使い方は千差万別。それで決めるのは危険です。
    石山工務店ではファイナンシャルプランナーの先生にライフプランニングを実施していただき、お客様の適正な予算がどのくらいかシミュレーションしてもらえます。無料ですのでお気軽にご相談ください。

  • 地鎮祭や上棟式ってどのくらい掛かりますか?
  • 地鎮祭は神主さんへの玉串料と供物代で約3万円。上棟式は状況によって差がありますが5~10万円くらい掛かる場合もあります。地鎮祭は殆どのお客様が行われますが上棟式は行わないお客様が多くなっていますよ。

Q 土地について

  • 土地を探してもらえますか?
  • 石山工務店で家を建てられるお客様の約半数が、土地探しからのお付き合いをさせていただいています。
    プロフェッショナルな担当が、お客様ご希望の土地探しをいたしますので、土地をお持ちでない方もお気軽にご相談ください。

  • 土地を探しています、何か良いアドバイスはありますか?
  • まずは、気に入った土地が見つかった場合、その土地に最低1日に3回(朝・昼・夜)は行ってみて下さい。それぞれ時間帯により、日当たりや交通量などが違います。
    その他にも、いろんなケースが御座います。お気軽にご相談下さい。

  • 土地の向きは何向きが良いのですか?
  • 南向きの方が不動産価値が高いから南向きが良いというのはナンセンスですね。お客様の求められる家のカタチによって向きの考え方は変わります。例えば「ビルトインガレージの家が欲しい」「焼き肉する時は人目を気にせず楽しみたい」などというご希望の場合は北向きの土地の方が適当といった具合です。

  • 50坪の土地が有るのですが家は建てられますか?
  • はい。もちろん十分、家を建てる事は可能です。
    しかし、今お持ちの土地の場所により用途地域が違いますので、用途地域により建てられる建物の大きさが変わってきます。是非ご相談下さい。

  • 用途地域って何ですか?
  • 都市計画のなかで、土地や建物の用途に一定の制限を加え、各地域がもっとも適当に、もっとも経済的・能率的な用途に供されるようにと指定されているものです。
    これによって、各種用途の混在による不便不利、能率の低下、不衛生、都市環境の悪化などを防ごうとしているものです。
    例:第1種低層住居地域 等

  • 第一種低層住居専用地域って何ですか?
  • 第一種低層住居専用地域とは、3階建て以下の低層住宅の良好な住環境を守るための地域であります。
    全12種類の用途地域の中で最も厳しい規制がかけられているので住宅を建てるには最も適した地域で、病院・ホテル・遊戯施設などの大きな建物は建てられない地域となっています。

  • 建ぺい率・容積率とはどういう意味ですか?
  • 建ぺい率とは、敷地面積に対する建築面積の割合のことです。つまりその敷地に対してどれくらいの大きさの建物が建てられるかという割合のことです。容積率とは、敷地面積に対する建物の延床面積の割合のことです。つまりその敷地に対してどれくらいの大きさ(1・2階の合計床面積)の建物が建てられるかという割合のことです。それぞれ用途地域により異なります。

  • 地目って何ですか?
  • 不動産登記簿謄本に記載されていて、土地の状況もしくは土地の用途を表しています。
    地目のうち、宅地のほか雑種地なども整地をすれば、建物を建てることができますが、畑や田などの農地は、そのままでは建築不可能なため、農地転用などの申請をしなければ、建設することは出来ません。詳しくはご相談下さい。

Q 住宅の性能について

  • どんな断熱材を使っていますか?
  • 4つの断熱工法をご用意しています。
    1.スーパーシェル2×6工法(硬質ウレタンフォーム140㎜)
    2.スーパーウォール工法(硬質ウレタンフォーム100㎜)
    3.現場吹付け発泡ウレタン工法(硬質ウレタンフォーム75㎜)
    4.付加断熱工法(高性能グラスウール100㎜+硬質ウレタンフォーム25㎜)

  • 在来工法と枠組壁工法(2×4)の違いは何ですか?
  • 在来工法は、木の柱と梁を組んで建てていくので、軸組工法とも呼ばれます。日本の自然環境のなかで生み出され、伝統と実績は高く評価されています。
    設計の自由度が高く、多彩なプランに対応できるという長所があります。開口部も広くとることができ、将来の増改築も行いやすいというメリットがあります。
    2×4工法は、床・壁・天井の六面体を基本構成にした箱状の建物で、建物の重量を壁で支えるので「壁組み構造」とも呼ばれます。構造的に耐火性、断熱性、気密性を高めやすいという長所があります。壁で支える構造なので、在来工法ほど開口部を広くとることができません。また、将来、増改築を行う際に制約を受けやすいことがあります。

  • 気密性能(C値)ってどの位ですか?
  • 断熱材をどんなに厚く使っても、隙間だらけでは本当に暖かい住宅にはなりません。そういう意味では、断熱も気密もどちらも高性能住宅には重要な要素になります。ちなみに、スーパーシェル2×6工法とスーパーウォール工法につきましては、全棟気密測定を実施していましてC値の平均は0.2前後になっています。

  • 24時間換気システムとは何ですか?
  • 高断熱・高気密住宅に採用される強制換気システムです。一般的な住宅では、第1種と第3種換気方式が主に利用されています。
    新築住宅に関しては、平成15年7月の改正建築基準法により、ホルムアルデヒドを発散するおそれのある建築材料の
    使用制限等と、気密性の低い在来木造住宅などを除き、24時間換気設備の設置が義務付けられています。

  • 第一種換気と第三種換気の違いは何ですか?
  • 第一種換気は熱交換型換気とも呼ばれ、給気も排気も機械で行う方法です。給気に関しては外気を室温に近い状態にして取り込むため熱効率が高いシステムです。第三種換気は、給気を自然に排気は機械で行う方法です。第一種換気に比べイニシャルコストは掛かりません。

Q 施工エリアについて

  • 施工エリアはどこまでになりますか?
  • 石山工務店では、地域密着型の展開をさせて頂いており、住宅建築後のアフターサービスの充実という点を踏まえ、施工可能な地域を北海道旭川市近郊(石山工務店より車で40分以内の地域)のみとさせて頂いております。

    <施工可能な地域>
    旭川市、愛別町、比布町、鷹栖町、当麻町、東川町、東神楽町