STRUCTURE

目に見えない部分の
石山工務店のこだわり

石山工務店の家づくりはデザインやプランだけではなく、強度や性能にも強くこだわっています。
構造計算や耐震性能、材料の選び方から施工の技術・品質まで。石山工務店が目指すのは豊かな暮らしのきっかけになる家づくり。お引渡しはゴールではなくスタートという考えのもと、末永く安心して暮らしていただけるためのこだわりです。

PERFORMANCEこだわりの性能

寒さの厳しい旭川だから、
気密・断熱性を考える。

石山工務店オリジナル注文住宅では、ご要望を実現するために様々な工法や断熱材を取り入れながらも、
住宅性能も確保した上でご予算・ご要望に合わせて、断熱方法をご提案しています。

“基礎”の断熱

石山工務店では全棟標準で基礎断熱を採用しています。
基礎断熱は地域ごとの凍結深度(※)を守った上で、基礎の外側で断熱を行い、床下の空間が室内とほぼ同じ温度になるようにつくる基礎のことです。
※凍結深度とは・・・凍れによる地盤の変動が無いとされる深さ

省エネ新基準

石山工務店の手掛ける住まいは全棟、省エネ新基準の低炭素等級相当となっています。省エネ新基準・低炭素住宅認定について、詳しくはスタッフまでお尋ねください。

いつでもクリーンな空気環境。

24時間換気システムを導入することで、必要にして最小限の換気を連続的に行うことができるので、新鮮な空気が均等に室内に配分され、いつでも新鮮な空気を吸うことができます。

石山工務店では、ブランド・ご予算・ご要望に合わせて家づくりをご提案しています。
詳しくはスタッフまでお尋ねください。

施工管理を効率化

2018年より
[ 施工管理アプリANDPAD ]
を導入しています。

石山工務店で家づくりをし頂く皆様に満足していただくために、受注いただいた新築・リフォームのお客様に絶対信頼されて、迷惑をかけない、アフターメンテナンス最優先の家づくりを行っています。施工管理アプリを導入し、現場の情報伝達を円滑化し、わたしたちが納得するモノづくりを追求していきます。

FIREPROOF STRUCTURE省令準耐火構造※一部除く

建築基準法で定める準耐火構造に準ずる防火性能を持つ構造として住宅金融支援機構が定める基準に適合する住宅をいいます。
通常の木造住宅よりも燃えづらい構造となることで、火災保険料を低く抑えることができます。

石山工務店では、一部商品を除き省令準耐火構造を標準仕様としています。

FFC TECHNOLOGYFFC免疫住宅

現代の一般的な住まいでは、VOC(揮発性有機化合物)やハウスダスト等により
シックハウス症候群に侵される割合が新築4軒に1軒と言われています。
そこで「殺菌・抗菌・防虫・防カビ」などの加工を施した建材を多用し無菌状態に近づける改善対策がとられてきました。
実はそれにより免疫力低下がもたらされ、アレルギーや病気を引き起こす要因となっています。
その問題を解決するためにFFCテクノロジーを活用した“免疫住宅®”が生まれました。

自然の力を利用した健康な空気環境の家に住む

自然の力を利用した
健康な空気環境の家に住む

FFCテクノロジー

FFCテクノロジーとは、木材・建材・クロス等の素材に含まれる水分(結合水)に
水溶性の2種類の鉄(Fe2・Fe3)ミネラルを含侵させる技術です。
現在は建材やクロスを始め漆喰や珪藻土なども化学薬品を使用して商品化されています。
それにFFCテクノロジーを活用することで、化学物質の害を最小限に抑える事ができるようになりました。

FFCテクノロジーは、ハーバード大学や国内の大学などによって研究がなされ、その効果が証明されています。

【実験】クロスの雑菌繁殖の抑制

【実験】クロスの雑菌繁殖の抑制

25℃/24時間経過後

シャーレ①、②とも、善玉常在菌・悪玉菌を同数、24時間培養した後の結果写真。
この実験では、FFC活用クロスにおける善玉常在菌の増殖を確認。
この実験により、乳酸桿菌類などの有益な菌は増殖し、悪玉菌であるMRSA(院内感染菌)の増殖を抑制させることが確認されました。
※出典:福岡大学医学部免疫学微生物教室

【実験結果】カビの抑制でアレルギー症状を抑える

FFCテクノロジーを導入すると

  • 刺激臭を抑えた住宅が実現

    新築・改築時のクロスや接着剤のくさい臭い(健康被害のもとになるもの)を抑えます。

  • 住みながらお肌にもやさしい

    ヒトの免疫力を高め、健康的な体へ改善。そしてお肌にもやさしい住環境へと導きます。

  • 健康を阻害する要素(化学物質)を無毒化

    お部屋の中の化学物質を無毒化することによって、室内が森の中にいるような空気環境へと導きます。

  • アレルギー症状の軽減が期待

    ヒトにとって有益な菌は増殖し、悪玉菌を抑制。いつでもおいしい空気を実感できます。

いつでもおいしい空気を感じられる
心地よい暮らしを実現します。

- オプション施工 -シロアリ対策(防蟻処理)

要注意!!シロアリは住まいの
大敵です。

地震、風水害、火災につぐ第4の災害と言われているのがシロアリによる被害です。シロアリの被害は建物の外側からはなかなか発見しにくいため、つい見過ごされがちです。知らないうちに、土台、柱、床板などの建物の重要な部分が食害され、気が付いたときにはもう手の施しようもなかった・・・というのが普通よく聞くシロアリ被害の発見の経緯です。

▲ シロアリ生息の分布図

防蟻対策は継続が大切です

木造住宅では新築時に防腐防蟻処理を実施することが建築基準法で規定されており、一般的に防蟻薬剤が処理されています。しかしながら、新築時に処理された防蟻薬剤は、自然環境の中で徐々に分解され、5年を目処に徐々に効力が失われます。
薬剤の効力が失われた住宅はシロアリの格好のターゲットになってしまうため、大切なお住まいをシロアリから守り続けるためには、5年サイクルで防蟻薬剤の再処理を繰り返すことがおすすめです。
詳しくは担当スタッフまでお尋ねください。

PAGETOP